ルネッサンス リゾート オキナワ

イバラカンザシ ・・・ 略して イバカン?

        今日も  太陽はパワー全快
        ジリジリとした日差しが 容赦なく降り注ぎ
        沖縄の夏を全身で・・・  満喫してま〜す。
        ---------------------------------------------

こんにちは。  \(●^▽^●)/

今日は、 イバラカンザシ を紹介します。


Photo:Ms.Obaru

大きさは最大でも直径3〜4cmくらいで、
水の中の クリスマスツリー と呼ぶ人もいます。

特徴の1つとして、
そっと  指を近づけると、「シュッ!」 と引っ込んで姿を隠します。
最初は、あまりの素早さに       ビックリしますが
不思議な感覚なのでついつい指を出したくなります。  
そして我慢できなくなり、全部引っ込めたくなりますよ・・・ ホントに。


 ルネッサンス リゾート オキナワ の沖合に
体験ダイビング や シュノーケリング メニューを開催しているポイントがあります。

そのポイントにある ハマサンゴ の上に イバラカンザシ はたくさん住んでます。

是非、これらのマリンプログラムにに参加して イバラカンザシ を見つけてください。
もちろん、お手伝いしま〜す。     おまかせを


では、また。 さようなら。    

プレデターの あたま

こんにちは。

今日は オニヒトデ について ちょこっと。

数の腕を持ち、全身がトゲに覆われた、大型のヒトデ
これが オニヒトデ です。
                                    

Photo:Ms.Obaru

サンゴが大好物で、ほっておくとサンゴ
礁を
食べつくすほどの食欲の持ち主です。
こいつは間違いなくダイバーの敵。 いや・・・サンゴの敵ですネ


万が一、シュノーケルの最中に見つけても
 絶対に触らないで下さい。

トゲが刺さるとオニヒトデの毒によって激しく  痛みだします。
また、 アナフィラキシーショック
によって最悪の場合、
死ぬこともあるそうです        お気をつけあそばせ〜

                 オニヒトデを見ると・・・プレデターを思い出す。  これって変


   では、また。 さようなら。 
  



ウミガメの深呼吸

こんにちは。

今日は ウミガメ について、ウンチクを少々。

 

海の中を悠然と泳ぐウミガメ、でもウミガメは水の中では呼吸ができません。

実は ・・・   息を止めてます。   我慢 してるんです。

その長さ、昼間の活動時で長くて1時間ぐらい・・・
寝ている間は何と3時間も止めることができるそうです。

でも  苦しくなると、水面に向かって 浮上開始。



そんでもって、水面で  呼吸をしたら再び  潜水開始。



またまた そんでもって、何も無かったかのように・・・
再び 息ごらえスタート。


Photo : Ms.Obaru


 人間とは何が違うかって言うと、

肺活量の差と、人間よりも 吸い込んだ空気中の酸素を

有効活用出来るからなんだって。                   スゴイ                     
では、また。 さようなら。    

                                                                 浦島太郎 はどうだったのかね・・・

ツバメウオ


おはようございます。

昨日に引き続き、シュノーケルポイントで撮影された魚を紹介します。
撮影場所は  ルネッサンス リゾート オキナワ の近くにある
「 真栄田岬 ・ 青の洞窟 」 の、入り口付近です。

  魚の名前は 「 ツバメウオ 」です。


Photo: Mr.Mikiami

体長 35cm 前後   (もっと大きいのもいます。)

雑食で何でも良く食べます。

人にもすぐ慣れるので、餌付け癖がついている ツバメウオ
ダイバーに気づくとすぐに寄って来て、一緒に泳ぎます。
この付近のポイントは、 ダイビング 、 シュノーケル を楽しむ人達が多いので
完全に餌付けされています。 ( あまり良くないんですけどね  )

注意しないといけないのは、気軽に手を出さないことです。
何故かって? 
 人差し指を差出した途端に パクリ! 
                        なんてことになっても、「知〜らない

これは、ツバメウオ の攻撃ではなく、何でも餌に見えて、食べたくなるのでしょう。

ツバメウオ は結構デカイし、群れで泳いでいることが多いので
迫力は 満点  絶対に誰かの 「  ] って声が必ず聞こえてきますよ。

ツバメウオ は食べれるかって?
もちろん食べれま〜す。

刺身 から揚げ 煮付け
 等々
煮付けは油がのっていて Good! だそうです。

私は食べたことありまシェ〜ン。  
     でも 食べてみたい・・・ ウン、食べてみたい・・・


では、また。 さようなら。   


スズメダイの仲間たち


おはようございます。

ダイビングスタッフから、  ルネッサンス リゾート オキナワ 沖合いにある
シュノーケルポイントの写真が届いたのでアップします。
本日は2種類の  魚です。


Photo: Mr.Mikiami

水色の魚が 「 デバ スズメダイ 」 です。

体長 8cm 前後
 安価な海水魚として人気があり、家庭でも  飼育されています。
群れで生活する性質のため、スズメダイとしては
あまりテリトリーを主張しないので、複数飼育のしやすい種類だそうです。


黒のスジがあるのは 「 フタスジ リュウキュウ スズメダイ です。

体長 6cm 前後

雑食性で動物性の プランクトン ・ 魚の卵 ・ 付着した藻類などを食ます。
体側面の2筋の横帯は若い時ほど鮮やかで、後ろの帯は成長するにしたがい
不明瞭になっていくそうです。     ( えっ  これは ・・・し、知らなかった。 )

両種類とも、水深10mまでの枝状 サンゴ の周りに群れていて、危険を感じた時は、
一斉に サンゴ の中に 素早く隠れるんです。 ( 防御本能ってやつですネ。


では、また。 さようなら。   


イラブー

 
おはようございます。

今日は海の生物を紹介します。

朝から 気もち悪ぅ〜  と 思うかもしれませんが
それは、この ウミヘビ です。


Photo : Mr.Mikami

とっても強力な毒を持っているので、 危険海洋生物 の仲間にエントリーされてますが
性質は意外と大人しく、好奇心が旺盛なのか 平気で人に近寄ってきます。
攻撃するわけではないので、慌てなければ大丈夫ですヨ。 と、思う・・・

沖縄や奄美地方では 「イラブー」 と呼ばれて古くから食用に捕獲され、
琉球料理の貴重な食材として珍重されていたそうです。

でも、沖縄の人(若い人)に聞くと 食べたこと無いって人が多いです。
ちなみに私も食べたこと ありまシェ〜ン。

でも、身体にはとっても良いみたいです。       ホントに〜


では、また。 さようなら。  

サイコロみたい。


こんにちは。

今日は ルネッサンス リゾート オキナワ ダイビングスタッフ からの ONE-SHOT です。

四角い身体にレモンイエロー、黒い斑点のとても可愛らしい


 ミナミハコフグ  です。



この可愛らしさ、ダイバーの間でもとても人気が高いんです。

パッと見た感じ、変な形のサイコロみたい・・・
こんなサイコロで、すごろくゲームしたら アッと言う間に終わっちゃうかも


 そうそう、 さかな君のかぶってた帽子って、こんな形だったかな・・・








DateYear
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Navigation

Recent Entries

profile


マリンエンターテインメント
ダイビングやジェットスキーなど、
マリンスポーツを1年中楽しめる
ルネッサンス リゾート オキナワ。
マリンエンターテイメントのスタッフが、
プログラムにまつわる話や、
その日の海の話を日記風に紹介いたします。

Monthly Archives

Search

ブログを検索: