ルネッサンス リゾート オキナワ

海の危険生物part

こんにちは〜★
マリンカウンター比嘉ですサキ

12月に入って沖縄もやっと寒くなってきました寒い
皆さん風邪ひかないように気を付けてくださいね!!

今日のブログは、沖縄の海にいる危険な生き物を紹介します危険

1.ハブクラゲクラゲ

5~10月にかけて発生します。
ハブクラゲは半透明で気づきにくいので刺されてしまうことがあります。
刺されてしまった場合は酢をかけて触手を取ってください。

2.アンボイナガイ貝

口内に猛毒を注入する為の毒針を隠し持っています。
毒の強さがインドコブラの37倍と言われているそうです。
刺されてしまった場合はすぐに病院へ行きましょう。

3.ガンガゼウニ

棘に毒があります。
刺さってしまった際に皮膚内部で折れてしまって棘が残ってしまう事もあります。
岩陰に隠れて棘が出ているので気づかず刺さってしまうことがあります。

4.ヒョウモンダコタコ

体長10cm程度の小さなタコ。
唾液には強力な毒のテトロドトキシンが含まれ、身の危険を感じるとこの唾液を吐いたり、噛み付いて注入するそうです。

5.カツオノエボシクラゲ

別名、電気クラゲとも言われている。
発電するわけではなく、刺された際の痛みを電気の衝撃に例えてこの名前がついたそうです。
刺されてしまった際は、海水でよく流しましょう。
酢を使うと逆効果なので覚えておいてください!

以上、海の危険生物でしたstar
海に行く時は気をつけてくださいねkyuDocomo_hart

ではまた♪

 

関連する記事

DateYear
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Navigation

Recent Entries

profile


マリンエンターテインメント
ダイビングやジェットスキーなど、
マリンスポーツを1年中楽しめる
ルネッサンス リゾート オキナワ。
マリンエンターテイメントのスタッフが、
プログラムにまつわる話や、
その日の海の話を日記風に紹介いたします。

Monthly Archives

Search

ブログを検索: